スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回坂本龍馬2

勤王党結成
桜田門外の変以降尊王攘夷の思想が土佐藩下士の間に伝わります。

同年半平太が土佐を武者修行の名目で出発します。
実際は各地を回って尊王攘夷派と知り合うことが目的です。
ずるがしこい武市らしいことをします。

そして、久坂玄瑞や樺山三円と知り合い土佐藩が後れを取っていることを知るんですねw
まぁあの公武合体派の吉田東洋が実権を握ってる時点でアウトなんですが

そして、自分たち下士が実権を握らなければと思い、
土佐勤王党を結成します。

勤王党には武市を旗頭として、中岡慎太郎、平井収二郎、那須信吾、間崎哲馬、吉村寅太郎、岡田以蔵、北添佶摩らが集まります。

上士にも尊王攘夷派は少なからずいるんですが、皆とんでもない腰ぬけ野郎で、土方久元ぐらいしか来ませんでした。(収二郎は上士説あり)

脱藩
武市は藩論をまとめることに必死で、勤王党をつくっときながら特に何もしませんでした。

まぁ、これは大事なことなんですが。しかも武市は諸藩の動向を探ったりしているため。
最近の攘夷の傾向を決して無視はしませんでした。

しかし、土佐には吉田東洋という厄介者がいるため藩論をまとめるのは相当むずいでしょう。

そんな武市に諦めがついたのかついに吉村が脱藩します。

武市に慕われていた吉村が脱藩したんですから、当然、龍馬もそれを聞きます。
脱藩しようと考え、悩んだ末に勤王党の後輩でもあり、後に海援隊の重要な役割を担う沢村惣之丞とともに脱藩します。

道中友人の那須信吾の家に泊まり、信吾の父の俊平の手伝いを経て脱藩します。

それから間もなく・・・・・・・
土佐の藩論を180度ひっくり返す大事件が起きます。
夜道、吉田東洋が歩いていた。そこに3人の武士が
武士たちは刀を引きぬいた。当然武市の手下である。
3人の剣が東洋を襲います。

そう、東洋暗殺です。

藩論を変えられないと悟った武市が最後の手段をとったのです。

ちなみにこの3人。まぁ信吾と安岡嘉助、大石団蔵ですねwも後に脱藩します。

旅路
龍馬と惣之丞、信吾、安岡、大石は長州に、吉村は京都に逃げ込みます。

ちなみに吉村は寺田屋事件に巻き込まれて、土佐へ送還されてるんですね・・・

まぁ、当然東洋が暗殺されたのとほぼ同時期に脱藩したんですから、龍馬も東洋暗殺の容疑者になるんですよ。
土佐の使者たちが龍馬を捕縛しにやってきます。

龍馬は大阪に隠れた後、江戸に向かいます。

なお、この時期に武市たちは京都に来ており、龍馬を捕縛しに来た井上佐市郎たちは以蔵に暗殺されてます。思えばこれが以蔵の初人斬りなんですよ。

武市は久坂たちとともに朝廷をも動かす力を持ち、以蔵は人斬り以蔵として京で恐れられる存在となります。

勝海舟
龍馬は8月ごろ、江戸について再び千葉道場に住み着きます。

その後、重太郎から、勝海舟の話を聞いて、怒って重太郎とともに暗殺しに行って、勝を暗殺しに行くも、逆に勝の話を聞いて、勝に心酔して弟子になるといった、バカなこと極まりないエピソードだったと言われていますが、

近年ではこれが否定されています。

最近の説では外国のことをどう思っているか勝に聞くために、同じく脱藩した間崎、長次郎とともに千葉の紹介で松平春嶽に会って、勝への紹介状を書いてもらい、勝の家に行って話を聞いて、長次郎とともに弟子入りしたという説が一般的で、大河ドラマ龍馬伝でもこれが採用されています。

なお、この時期に勝の恩人の幕臣、大久保一翁から、大政奉還などの話を聞きます。
思えば大政奉還の真の立役者は龍馬ではなく、大久保ですよ、ハイ

また、勝のとりなしで土佐前藩主山内容堂に脱藩を許してもらいます。

次回に続きます。
スポンサーサイト

第三回武市半平太1

第三回は土佐勤王党の盟主半平太こと、武市瑞山です。
勝海舟の予定でしたが、龍馬伝で半平太が切腹したのでその追悼として書きます(その次は以蔵)

武市半平太 1829年(文政12年)~1865年(慶応元年)
諱は小楯、通称半平太、号は瑞山

半平太は大河ドラマなどで利用されるだけ利用された後切腹するため、「物事の視野が狭い」、「勉強ができるが頭が悪い」等に取られることが多いかもしれませんが、頭もいいですし、物事の視野も当時の人々と何ら変わりません。視野が狭いと取られるのは彼の長所であり、また最大の弱点のせいです。詳細は後述・・・

hanpeita.jpg
半平太の肖像画は他にもありますが、敢えてこれを選びました。
半平太のイメージに一番近いので・・・
見た目は色白で、当時にしては上背が非常に高く180cm前後もありました。
また、人望が非常に厚かったそうです。頭もよい上に、剣術にも長け、おまけにイケメンとまさにエリートを具現化した人物です。

土佐勤王党を作った人物として有名です。

・剣術修行
半平太は1829年9月27日に土佐で白札、武市正恒の息子として生まれました。
土佐藩では上士と下士で分けられており、白札は下士の最上級、もしくは準上士核としての扱いでした。
他の下士との決定的な違いは登城を許されているということです。
1083970654.jpg
半平太生家

半平太は10歳のときに徳永千規に入門して学問、12歳のときには剣術を学びます。
そこで半平太は剣術の腕を上げていき、安政元年に剣術の免許皆伝をもらっています。

他にも半平太は砲術を習っていたらしいです。
有名な話ですが半平太は絵を好んでおり、日本画と洋画両方とも描けたらしいです。

・半平太と龍馬
龍馬と半平太は仲が良かった・・・というか親友だったと言われています。
龍馬と半平太がいつであったのかは知りませんが、龍馬が小さい時か、江戸に剣術修行に行った時のどちらかでしょう。
また、この二人は遠い親戚なので、泣き虫だった龍馬を半平太が道場に連れて行く姿を想像するのは非常に簡単です。
龍馬の性格は小さいことを気にしない能天気な性格、頭はあまり回らないが物事の視野が非常に広い。対する半平太は几帳面で、頭が切れるエリート、剣の達人だったことを除けば正反対の性格じゃねえか!と突っ込む人も多いでしょう。
半平太は陽気な龍馬と話すことは非常に楽しく、心が安らいでいたらしいです。吉村寅太郎や平井収二郎らとも親しかったようですが、やっぱり他の人たちとは違う雰囲気を龍馬は持っていたらしいです。

・半平太結婚
半平太が20歳のときに両親が亡くなり、半平太が家督を相続することになります。
高齢の祖母の面倒をみるためにも半平太は1849年、島村源次郎の娘、富子と結婚します。

また、半平太は愛妻家として知られ、半平太と富子に子ができないことを心配した吉村が富子を実家に帰らせた後、若い女たちを半平太に送りつけましたが、半平太は全く手をつけず、吉村を叱りつけた言われています。江戸時代なら10年間も一緒に暮らし、一人も子供が生まれなければ普通なら家を追い出されて当然なのに半平太は全くそんな事をしませんでした

・西国遊行
1850年に半平太は武市道場という名の剣術道場を作り、その道場が人気を博します。ここには中岡慎太郎、岡田以蔵らがいて、勤王党の母体になります。ここは新撰組にも共通します。新撰組の母体は試衛館という剣術道場です。

1856年に半平太は以蔵、山本琢磨たちと江戸に剣術修行に出かけ、桃井道場に入門します。そこで半平太は塾頭となります。

1860年、半平太は以蔵たちとともに武者修行を口実に西国諸藩の動向を観察しに行きます。途中で長州の高杉晋作や久坂玄瑞、桂小五郎らや薩摩の樺山三円らと知り合い、国事を語ります。半平太は特に久坂と仲が良かったらしいです。久坂は半平太を尊敬し、半平太は吉田松陰の思想に共鳴します。

・勤王党結成
土佐の攘夷が遅れていることを知った半平太は、1861年大石元敬と土佐勤王党を作ります。
勤王党には龍馬、吉村、収二郎、以蔵、中岡慎太郎、那須新吾らがいました。
加盟者はほとんどが下士、地下浪人です。
なぜ上士がほとんどいないのかその理由は簡単、上士だからだ。
無論、上士にも勤王論者はいる。
しかし、その佐々木高行や谷干城らは自分たちの地位が悪くなるのを恐れて影での援助しかしなかったヘタレ達である。
そこから武市は朝廷をも動かす力を持ち、そして文久3年8月18日の政変以後衰えていきます。
次回に続きます。

第一回坂本龍馬1

第一回は文句なしの幕末の英雄として莫大な人気を誇る坂本龍馬です。



坂本龍馬1835年(天保5年)~1867年(慶応)

諱は直方というそうです。

龍馬
                                                   

・龍馬生誕

龍馬は才谷屋の坂本八平と坂本幸から生まれました。
龍馬の名の由来は母親の幸が龍馬を産む前の夜に龍が飛ぶ夢を見たことからだそうです。



・龍馬はどんな人物か
龍馬は剣の名人としても知られます。北辰一刀流の免許皆伝というところからもそれを伺えます。
龍馬は背が高かったそうです。高いと言っても170台後半あたりだそうです。現代ではこれが普通ですが当時は男性でも150台だったと考えると相当背が高いようです。



・剣術修行と黒船
龍馬は1853年江戸に溝渕広之丞とともに江戸に剣術修行に出かけます。千葉道場に行ったのはもちろんこのときです。

そして、千葉定吉に北辰一刀流の剣術を学ぶはずですが・・・・・・・・・定吉は鳥取藩に行っていたので教えたのは重太郎でしょう(そして重太郎は龍馬の良き友となる)

そして1854年龍馬は江戸で黒船を見ます。(ドラマ同様すごい衝撃だったでしょうね。)

ちなみに↓は黒船来航の写真です

250px-1853Yokohama_01.jpg

そして短い間ですが佐久間象山の弟子になります。



・帰国
帰国後、ジョン万次郎からアメリカの話を聞いた河田小龍が安政の大地震により土佐に戻っていため海外事情や軍隊について学びます。(この頃に近藤長次郎と出会います)

そして、不幸なことに1855年、龍馬の父、八平が他界します。



・山本琢磨
不幸を乗り越え、龍馬は藩の許可を得て再び剣術修行に出かけます。この頃武市半平太や岡田以蔵、龍馬の親戚山本琢磨も修行に出かけています。

同年、なんと、琢磨が酒を飲んだ後の帰り道、商人とぶつかり、商人が落としていった珍しい時計を売り飛ばしました!
琢磨は切腹沙汰になりましたが、龍馬と半平太が逃亡させています。

なお、琢磨はその後、新潟に逃げ込み前島密と知り合い函館に行き函館に来ていたニコライ神父に感銘を受け、日本人最初の司祭となり、80年も生きました。

そして、1858年龍馬は北辰一刀流の免許皆伝を得て、帰国します。

2へ
プロフィール

Craw

Author:Craw
歴史のことを書いているブログ
本館ではプラモのことを書いていたりする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

1750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
73位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。