スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回坂本龍馬2

勤王党結成
桜田門外の変以降尊王攘夷の思想が土佐藩下士の間に伝わります。

同年半平太が土佐を武者修行の名目で出発します。
実際は各地を回って尊王攘夷派と知り合うことが目的です。
ずるがしこい武市らしいことをします。

そして、久坂玄瑞や樺山三円と知り合い土佐藩が後れを取っていることを知るんですねw
まぁあの公武合体派の吉田東洋が実権を握ってる時点でアウトなんですが

そして、自分たち下士が実権を握らなければと思い、
土佐勤王党を結成します。

勤王党には武市を旗頭として、中岡慎太郎、平井収二郎、那須信吾、間崎哲馬、吉村寅太郎、岡田以蔵、北添佶摩らが集まります。

上士にも尊王攘夷派は少なからずいるんですが、皆とんでもない腰ぬけ野郎で、土方久元ぐらいしか来ませんでした。(収二郎は上士説あり)

脱藩
武市は藩論をまとめることに必死で、勤王党をつくっときながら特に何もしませんでした。

まぁ、これは大事なことなんですが。しかも武市は諸藩の動向を探ったりしているため。
最近の攘夷の傾向を決して無視はしませんでした。

しかし、土佐には吉田東洋という厄介者がいるため藩論をまとめるのは相当むずいでしょう。

そんな武市に諦めがついたのかついに吉村が脱藩します。

武市に慕われていた吉村が脱藩したんですから、当然、龍馬もそれを聞きます。
脱藩しようと考え、悩んだ末に勤王党の後輩でもあり、後に海援隊の重要な役割を担う沢村惣之丞とともに脱藩します。

道中友人の那須信吾の家に泊まり、信吾の父の俊平の手伝いを経て脱藩します。

それから間もなく・・・・・・・
土佐の藩論を180度ひっくり返す大事件が起きます。
夜道、吉田東洋が歩いていた。そこに3人の武士が
武士たちは刀を引きぬいた。当然武市の手下である。
3人の剣が東洋を襲います。

そう、東洋暗殺です。

藩論を変えられないと悟った武市が最後の手段をとったのです。

ちなみにこの3人。まぁ信吾と安岡嘉助、大石団蔵ですねwも後に脱藩します。

旅路
龍馬と惣之丞、信吾、安岡、大石は長州に、吉村は京都に逃げ込みます。

ちなみに吉村は寺田屋事件に巻き込まれて、土佐へ送還されてるんですね・・・

まぁ、当然東洋が暗殺されたのとほぼ同時期に脱藩したんですから、龍馬も東洋暗殺の容疑者になるんですよ。
土佐の使者たちが龍馬を捕縛しにやってきます。

龍馬は大阪に隠れた後、江戸に向かいます。

なお、この時期に武市たちは京都に来ており、龍馬を捕縛しに来た井上佐市郎たちは以蔵に暗殺されてます。思えばこれが以蔵の初人斬りなんですよ。

武市は久坂たちとともに朝廷をも動かす力を持ち、以蔵は人斬り以蔵として京で恐れられる存在となります。

勝海舟
龍馬は8月ごろ、江戸について再び千葉道場に住み着きます。

その後、重太郎から、勝海舟の話を聞いて、怒って重太郎とともに暗殺しに行って、勝を暗殺しに行くも、逆に勝の話を聞いて、勝に心酔して弟子になるといった、バカなこと極まりないエピソードだったと言われていますが、

近年ではこれが否定されています。

最近の説では外国のことをどう思っているか勝に聞くために、同じく脱藩した間崎、長次郎とともに千葉の紹介で松平春嶽に会って、勝への紹介状を書いてもらい、勝の家に行って話を聞いて、長次郎とともに弟子入りしたという説が一般的で、大河ドラマ龍馬伝でもこれが採用されています。

なお、この時期に勝の恩人の幕臣、大久保一翁から、大政奉還などの話を聞きます。
思えば大政奉還の真の立役者は龍馬ではなく、大久保ですよ、ハイ

また、勝のとりなしで土佐前藩主山内容堂に脱藩を許してもらいます。

次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Craw

Author:Craw
歴史のことを書いているブログ
本館ではプラモのことを書いていたりする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

1750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
73位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。