スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七回久坂玄瑞1

第六回は久坂玄瑞です。そろそろ新撰組もやりましょうかねw
土方や沖田あたりからで
あ~でも薩摩もやらなくちゃ

久坂玄瑞1840年(天保11年)~1864年(元治元年)
久坂玄瑞


すぐれた人物の多い幕末の人物の中でも飛びぬけた天才として知られています。若くして死んだため、一般での知名度は名前だけ聞いたことある程度ですが、当時の時代劇などにはほぼ確実に出てくるでしょう。

外見は凛々しいですね。道着のせいで熱血そうに見えてしまいますねww
しかも声がでかいです。ここまで聞いたら性格は熱かったんじゃないかと考えてしまいそうですが、まじめでクールだったそうです。まぁまぁのイケメンですしねwおまけに当時で身長は180cmほどあったそうです。

出生
久坂の出生は医者です。萩藩医久坂良迪の息子として生まれます。初名 秀三郎

優秀だった兄玄機に影響を受けて育ちます。父は取り立てて優秀でもなかったので、兄を尊敬していたそうですね。

当時評判だった吉松塾に通い、そこでも非常に優秀だったそうです。
また、この時期に高杉晋作と出会っています。

家族の死

秀三郎が14歳のとき母が亡くなります。

さらには15歳のときには兄玄機が、それから間もなく父も亡くなります。

なんと、秀三郎は1年ちょっとで家族をすべて失うのです!
これは
星セントルイスの病死と同じぐらいの悲劇だと思いますw

特に尊敬する兄玄機の死は大きかったでしょう。
そして、家督を継ぎ玄瑞と名を改めることになります。

次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Craw

Author:Craw
歴史のことを書いているブログ
本館ではプラモのことを書いていたりする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

1750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
73位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。