スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回武市半平太1

第三回は土佐勤王党の盟主半平太こと、武市瑞山です。
勝海舟の予定でしたが、龍馬伝で半平太が切腹したのでその追悼として書きます(その次は以蔵)

武市半平太 1829年(文政12年)~1865年(慶応元年)
諱は小楯、通称半平太、号は瑞山

半平太は大河ドラマなどで利用されるだけ利用された後切腹するため、「物事の視野が狭い」、「勉強ができるが頭が悪い」等に取られることが多いかもしれませんが、頭もいいですし、物事の視野も当時の人々と何ら変わりません。視野が狭いと取られるのは彼の長所であり、また最大の弱点のせいです。詳細は後述・・・

hanpeita.jpg
半平太の肖像画は他にもありますが、敢えてこれを選びました。
半平太のイメージに一番近いので・・・
見た目は色白で、当時にしては上背が非常に高く180cm前後もありました。
また、人望が非常に厚かったそうです。頭もよい上に、剣術にも長け、おまけにイケメンとまさにエリートを具現化した人物です。

土佐勤王党を作った人物として有名です。

・剣術修行
半平太は1829年9月27日に土佐で白札、武市正恒の息子として生まれました。
土佐藩では上士と下士で分けられており、白札は下士の最上級、もしくは準上士核としての扱いでした。
他の下士との決定的な違いは登城を許されているということです。
1083970654.jpg
半平太生家

半平太は10歳のときに徳永千規に入門して学問、12歳のときには剣術を学びます。
そこで半平太は剣術の腕を上げていき、安政元年に剣術の免許皆伝をもらっています。

他にも半平太は砲術を習っていたらしいです。
有名な話ですが半平太は絵を好んでおり、日本画と洋画両方とも描けたらしいです。

・半平太と龍馬
龍馬と半平太は仲が良かった・・・というか親友だったと言われています。
龍馬と半平太がいつであったのかは知りませんが、龍馬が小さい時か、江戸に剣術修行に行った時のどちらかでしょう。
また、この二人は遠い親戚なので、泣き虫だった龍馬を半平太が道場に連れて行く姿を想像するのは非常に簡単です。
龍馬の性格は小さいことを気にしない能天気な性格、頭はあまり回らないが物事の視野が非常に広い。対する半平太は几帳面で、頭が切れるエリート、剣の達人だったことを除けば正反対の性格じゃねえか!と突っ込む人も多いでしょう。
半平太は陽気な龍馬と話すことは非常に楽しく、心が安らいでいたらしいです。吉村寅太郎や平井収二郎らとも親しかったようですが、やっぱり他の人たちとは違う雰囲気を龍馬は持っていたらしいです。

・半平太結婚
半平太が20歳のときに両親が亡くなり、半平太が家督を相続することになります。
高齢の祖母の面倒をみるためにも半平太は1849年、島村源次郎の娘、富子と結婚します。

また、半平太は愛妻家として知られ、半平太と富子に子ができないことを心配した吉村が富子を実家に帰らせた後、若い女たちを半平太に送りつけましたが、半平太は全く手をつけず、吉村を叱りつけた言われています。江戸時代なら10年間も一緒に暮らし、一人も子供が生まれなければ普通なら家を追い出されて当然なのに半平太は全くそんな事をしませんでした

・西国遊行
1850年に半平太は武市道場という名の剣術道場を作り、その道場が人気を博します。ここには中岡慎太郎、岡田以蔵らがいて、勤王党の母体になります。ここは新撰組にも共通します。新撰組の母体は試衛館という剣術道場です。

1856年に半平太は以蔵、山本琢磨たちと江戸に剣術修行に出かけ、桃井道場に入門します。そこで半平太は塾頭となります。

1860年、半平太は以蔵たちとともに武者修行を口実に西国諸藩の動向を観察しに行きます。途中で長州の高杉晋作や久坂玄瑞、桂小五郎らや薩摩の樺山三円らと知り合い、国事を語ります。半平太は特に久坂と仲が良かったらしいです。久坂は半平太を尊敬し、半平太は吉田松陰の思想に共鳴します。

・勤王党結成
土佐の攘夷が遅れていることを知った半平太は、1861年大石元敬と土佐勤王党を作ります。
勤王党には龍馬、吉村、収二郎、以蔵、中岡慎太郎、那須新吾らがいました。
加盟者はほとんどが下士、地下浪人です。
なぜ上士がほとんどいないのかその理由は簡単、上士だからだ。
無論、上士にも勤王論者はいる。
しかし、その佐々木高行や谷干城らは自分たちの地位が悪くなるのを恐れて影での援助しかしなかったヘタレ達である。
そこから武市は朝廷をも動かす力を持ち、そして文久3年8月18日の政変以後衰えていきます。
次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Craw

Author:Craw
歴史のことを書いているブログ
本館ではプラモのことを書いていたりする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

3655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
114位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。